スマートフォン用の表示で見る

クワトロ・バジーナ

アニメ

クワトロ・バジーナ

くわとろばじーな

本名:キャスバル・レム・ダイクン 仮名:エドワウ・マスシャア・アズナブル

機動戦士Zガンダムの実質的な主人公で、その正体はジオンエースパイロットで「赤い彗星」と恐れられたシャア・アズナブル

一年戦争で敗北したジオン公国軍の残党は、小惑星帯アクシズへと逃れ、再起を図っていた。やがてシャアは「地球圏の偵察」の名目でアクシズを脱出。地球連邦軍の軍籍を手に入れ、クワトロ・バジーナとして連邦軍側に復員する。階級は大尉。

やがて、スペースノイド派の「エゥーゴ」と、アースノイド派の「ティターンズ」の派閥抗争が始まる。ティターンズの増長と横暴にかつてのジオンを重ね合わせたクワトロは、ブレックス准将率いるエゥーゴに参加。エースパイロットとして、また作戦参謀として優秀な働きをし、エゥーゴの中心人物となっていく。

ニュータイプカミーユ・ビダンとの出会い。宿敵アムロ・レイとの再会。ホワイトベースの艦長であったブライト・ノアとの共闘など、クワトロの周囲は目まぐるしく変化していく。そして、ダカールでのブレックス暗殺をきっかけに、エゥーゴの代表として表舞台に立つことになる。

木星帰りの天才、パプテマス・シロッコとの戦いや、ザビ家の忘れ形見「ミネバ・ザビ」を擁するアクシズ摂政、かつての恋人であるハマーン・カーンとの確執など、激化する戦いの中でクワトロは自らの戦いの目的を失っていく。

そして、自分が大局に踊らされているだけの道化師であることに気付いたクワトロは、カミーユら新たな世代のニュータイプに時代を託した。「新しい時代を作るのは老人ではない!」と。

ハマーンとの一騎討ちで撃破されたクワトロは戦死。しかし、それは記録の上でのことであり、時代はまだ彼を必要としていたのであった……。

シャア・アズナブル