機動戦士ガンダム

機動戦士ガンダム

(アニメ)
きどうせんしがんだむ

日本サンライズ(現サンライズ)制作によるTVアニメ。
1979年4月7日から1980年1月26日まで、名古屋テレビ・テレビ朝日系にて放送された。全43話。
ガンダムシリーズ第1作で他作品と区別して「ファーストガンダム」とも呼ばれる。
リアルロボットアニメの原点。劇場版3部作も製作された。

作品紹介

内向的な少年アムロ・レイが、ガンダムと呼ばれるモビルスーツに搭乗し、ジオン公国と戦うロボットアニメ。映像スタイルは、監督の富野喜幸や安彦良和ら、当時新進気鋭のクリエーターたちが模索しながら創りあげた独自のもの。80年代アニメブームの牽引者とも呼ばれた。
本放送時は視聴率に伸び悩み*1、事実上の打ち切り。放送終了後、独特の世界が評判を呼び、再放送時には視聴率20%という驚異的な数字を叩き出す。関連商品であるプラモデル、「ガンプラ」もブームを後押しし社会現象となる。

あらすじ

宇宙世紀0079。人類が、増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、すでに半世紀。地球から最も遠い宇宙都市サイド3は、ジオン公国を名乗り地球連邦政府に独立戦争を挑んできた。1ヶ月余りの戦いでジオン公国と連邦軍は、総人口の半分を死に至らしめ、連邦軍劣勢のまま戦争は膠着状態に陥る。
サイド7の少年アムロ・レイは、ジオン軍の奇襲をきっかけに偶然、連邦軍の新型モビルスーツ・ガンダムに乗り込み、パイロットとなる。戦火を生き残るため、戦艦ホワイトベースで少年少女たちとともに軍人としての戦いを強いられていくうちに、やがて“ニュータイプ”として覚醒していく。

http://www.sunrise-inc.co.jp/works/list/detail.php?cid=20

スタッフ

  • 企画:日本サンライズ
  • 原作:矢立肇
  • 原作:矢立肇、富野喜幸(富野由悠季)
  • 総監督:富野喜幸(富野由悠季)
  • 音楽:渡辺岳夫、松山祐士
  • キャラクターデザイン、アニメーションディレクター:安彦良和
  • メカニカルデザイン:大河原邦男
  • 美術設定:中村光毅
  • 脚本 : 星山博之、松崎健一、荒木芳久、 山本優
  • 音響監督:松浦典良
  • 音楽:渡辺岳夫、松山祐士
  • プロデューサー:関岡渉(名古屋テレビ)、大熊信行(創通エージェンシー)、渋江靖夫(日本サンライズ)
  • 制作:名古屋テレビ、創通エージェンシー、日本サンライズ

キャスト

  • アムロ・レイ:古谷徹
  • ブライト・ノア:鈴置洋孝
  • ハヤト・コバヤシ:鈴木清信
  • シャア・アズナブル:池田秀一
  • ミライ・ヤシマ:白石冬美
  • フラウ・ボゥ:鵜飼るみ子
  • セイラ・マス:井上瑤
  • ララァ・スン:潘恵子
  • リュウ・ホセイ:飯塚昭三
  • カイ・シデン:古川登志夫
  • マチルダ・アジャン:戸田恵子
  • スレッガー・ロウ:井上真樹夫
  • ギレン・ザビ:田中崇
  • ガルマ・ザビ:森功至
  • キシリア・ザビ:小山まみ
  • デギン・ザビ:永井一郎
  • ランバ・ラル:広瀬正志
  • マ・クベ:塩沢兼人
  • テム・レイ:清川元夢

登場兵器

  • 地球連邦軍
    • RX-75(RX-75-4) ガンタンク
    • RX-77(RX-77-2) ガンキャノン
    • RX-78(RX-78-2) ガンダム
    • RGM-79 ジム
    • RB-79 ボール
  • ジオン公国軍
    • MS-05(MS-05B) ザクI(旧ザク)
    • MS-06(MS-06F) ザクII(ザク)
    • MS-06S シャア専用ザク
    • MS-07(MS-07B) グフ
    • MS-09 ドム
    • MS-09R リック・ドム
    • MS-14(MS-14A) ゲルググ
    • YMS-14(MS-14S) シャア専用ゲルググ(先行量産型ゲルググ)
    • YMS-15 ギャン
    • MSM-03 ゴッグ
    • MSM-04 アッガイ
    • MSM-07 ズゴック(前期量産型ズゴック)
    • MSM-07S シャア専用ズゴック(後期量産型ズゴック)
    • MSM-10 ゾック
    • MSN-02 ジオング

主題歌

オープニングテーマ「翔べ!ガンダム」
作詞:井荻麟 / 作曲:渡辺岳夫 / 編曲:松山祐士 / 歌:池田鴻
エンディングテーマ「永遠にアムロ
作詞:井荻麟 / 作曲:渡辺岳夫 / 編曲:松山祐士 / 歌:池田鴻

各話リスト

話数 放送日 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
第1話 1979年4月7日 ガンダム大地に立つ!! 星山博之 斧谷稔 貞光紳也 安彦良和
第2話 1979年4月14日 ガンダム破壊命令 松崎健一 斧谷稔 藤原良二 安彦良和
第3話 1979年4月21日 敵の補給艦を叩け! 荒木芳久 斧谷稔 小鹿英吉 安彦良和
第4話 1979年4月28日 ルナツー脱出作戦 山本優 貞光紳也 貞光紳也 富沢和雄
第5話 1979年5月5日 大気圏突入 星山博之 斧谷稔 藤原良二 青鉢芳信
第6話 1979年5月12日 ガルマ出撃す 山本優 山崎和男 小鹿英吉 安彦良和
第7話 1979年5月19日 コアファイター脱出せよ 荒木芳久 藤原良二 藤原良二 安彦良和
第8話 1979年5月26日 戦場は荒野 松崎健一 貞光紳也 貞光紳也 山崎和男
第9話 1979年6月2日 翔べ!ガンダム 星山博之 斧谷稔 小鹿英吉 安彦良和
第10話 1979年6月9日 ガルマ 散る 山本優 藤原良二 藤原良二 安彦良和
第11話 1979年6月16日 イセリナ、恋のあと 荒木芳久 貞光紳也 貞光紳也 大泉学
第12話 1979年6月23日 ジオンの脅威 松崎健一 斧谷稔 横山裕一郎 中村一夫
第13話 1979年6月30日 再会、母よ… 星山博之 藤原良二 藤原良二 安彦良和
第14話 1979年7月7日 時間よ、とまれ 富野喜幸 斧谷稔 貞光紳也 山崎和男
第15話 1979年7月14日 ククルス・ドアンの島 荒木芳久 貞光紳也 斧谷稔 鈴村一行
第16話 1979年7月21日 セイラ出撃 山本優 斧谷稔 斧谷稔 青鉢芳信
第17話 1979年7月28日 アムロ脱走 松崎健一 斧谷稔 藤原良二 安彦良和
第18話 1979年8月4日 灼熱のアッザム・リーダー 松崎健一 貞光紳也 貞光紳也 中村一夫
第19話 1979年8月11日 ランバ・ラル特攻! 星山博之 斧谷稔 行田進 安彦良和
第20話 1979年8月18日 死闘!ホワイト・ベース 山本優 斧谷稔 藤原良二 富沢和雄
第21話 1979年8月25日 激闘は憎しみ深く 荒木芳久 斧谷稔 行田進 山崎和男
第22話 1979年9月1日 マ・クベ包囲網を破れ! 松崎健一 貞光紳也 貞光紳也 安彦良和
第23話 1979年9月8日 マチルダ救出作戦 星山博之 藤原良二 藤原良二 中村一夫
第24話 1979年9月15日 迫撃!トリプル・ドム 山本優 斧谷稔 関田修 安彦良和
第25話 1979年9月22日 オデッサの激戦 荒木芳久 貞光紳也 貞光紳也 富沢和雄
第26話 1979年9月29日 復活のシャア 松崎健一 斧谷稔 藤原良二 安彦良和
第27話 1979年10月6日 女スパイ潜入! 星山博之 斧谷稔
久野弘
久野弘 山崎和男
第28話 1979年10月13日 大西洋、血に染めて 山本優 斧谷稔 関田修 中村一夫
第29話 1979年10月20日 ジャブローに散る! 荒木芳久 斧谷稔 貞光紳也 安彦良和
第30話 1979年10月27日 小さな防衛線 山本優 藤原良二 藤原良二 安彦良和
第31話 1979年11月3日 ザンジバル、追撃! 星山博之 斧谷稔 久野弘 安彦良和
第32話 1979年11月10日 強行突破作戦 松崎健一 斧谷稔 関田修 富沢和雄
第33話 1979年11月17日 コンスコン強襲 山本優 斧谷稔 貞光紳也 中村一夫
第34話 1979年11月24日 宿命の出会い 星山博之 藤原良二 藤原良二 (多田かずひろ)
第35話 1979年12月1日 ソロモン攻略戦 松崎健一 久野弘 久野弘 (伊東誠)他
第36話 1979年12月8日 恐怖!機動ビグ・ザム 松崎健一 斧谷稔 関田修 (山崎和男)他
第37話 1979年12月15日 テキサスの攻防 山本優 斧谷稔 貞光紳也 中村一夫
第38話 1979年12月22日 再会、シャアとセイラ 松崎健一 藤原良二 藤原良二 (長崎重信)
第39話 1979年12月29日 ニュータイプ、シャリア・ブル 山本優 斧谷稔 久野弘 (多田かずひろ)他
第40話 1980年1月5日 エルメスのララァ 荒木芳久 斧谷稔 関田修 (鈴木一行)他
第41話 1980年1月12日 光る宇宙 松崎健一 貞光紳也 貞光紳也 (青鉢芳信)他
第42話 1980年1月19日 宇宙要塞ア・バオア・クー 星山博之 斧谷稔 藤原良二 中村一夫
第43話 1980年1月26日 脱出 星山博之 斧谷稔 関田修 山崎和男

劇場版

テレビシリーズの再編集に新作カットを追加した劇場版三部作が公開された。エピソードの時系列が整理されたり、登場する兵器が差し替えられるなどの変更も行われている。特に「めぐりあい宇宙編」では映画用に70パーセント以上が新しく作画されている。

ガンダムシリーズの主な映像作品

宇宙世紀を舞台とする作品

宇宙世紀以外の作品

テレビシリーズのみ記載。その他の作品については ガンダムシリーズ を参照。

リスト::アニメ作品//タイトル/か行 | リスト::アニメ作品//セルアニメ

*1:制作局である名古屋テレビがある愛知などでの視聴率は高かったが、関東方面等の視聴率の悪さとスポンサー会社の玩具の売上が伸び悩んだ為との説が現在では有力

ネットの話題: 機動戦士ガンダム

人気

新着

新着ブログ: 機動戦士ガンダム