スマートフォン用の表示で見る

ジャージー牛

動植物

ジャージー牛

じゃーじー

英仏海峡にあるイギリス南部の温暖な小さな島英領ジャージー島で生まれた、フランスブルトン種とノルマン種をもとに500〜600年かけて改良を重ねてきた、乳牛の中でも最も小さな牛で、ホルスタインよりも一回り小さく、茶色の毛とおとなしい性格。

ジャージー牛から絞られた牛乳は脂肪分が高い。

関連語 リスト::動物