スマートフォン用の表示で見る

セーラー服

キーワードの候補

2件

社会

セーラー服

せーらーふく

このキーワード海軍制服としての解説です。

海軍水兵、水夫の制服。

イギリス海軍Royal Navy王立海軍)が1628年?に使い始め、正式採用は1840年ごろと言われている。現在に近いデザインものがイギリス海軍に採用されるのが1857年である。以後世界中で採用されている。日本においては日本海軍1872年に採用した*1。戦後の海上自衛隊(JMSDF)でも採用されている*2ロシア海軍の例を除いて、基本的に下級船員の制服で、重要ポストの人は別の制服である。セーラー服のセーラーとはSailor?で船乗りを意味する*3

デザイン

現在のデザインは1846年?9月2日、母のヴィクトリア女王(ハノーヴァー王朝第6代君主)のヨットに乗った当時のイギリス皇太子?エドワード7世が着た服が元となっている*4。海に落ちた場合、簡単に脱げるよう工夫されていると言われている。

素材

海に落ちた時などを考えて、水を吸いにくく、体温を奪いにくいものが使われている。

大きな襟は長い航海でなかなか髪が洗えないので、直接服に汚れがつかないように工夫したと言われている*5。日本ではジョンベラと呼ぶ。

帽子

帽子はセーラー帽?と呼ぶ。最大の特徴としてつばがない。

社会

セーラー服

せーらーふく

ここでのセーラー服は日本での学生服の解説です。

日本においての女子向け学生服。主に女子高校生女子中学生が着用するが全てとは言えない。一時期を除きスカートと組み合わせて着用するのが特徴である。1920年京都府京都市にあるキリスト教私立学校平安女学院が初めて制服として採用した*1