ハルク・ホーガン

スポーツ

ハルク・ホーガン

はるくほーがん

Hulk Hogan

世界的に有名なプロレスラー

ボディ・ビルダーやミュージシャンをやっていたころ、AWAブリスコ兄弟に目をつけられ、プロレス界入りする。このころに日本人のヒロ松田にトレーニングを受けたのは有名な話。

AWAやWWWF(現・WWE)を転々とするが、80年代初頭に新日本プロレスに来日し、第1回IWGP決勝戦をアントニオ猪木と戦うなどブレイクを果たす。*1

その後WWF(現・WWE)に転出、レッスルマニアのメイン戦に出場するなど、世界的なスターとなる。いわゆるMonday Night War(WCWWWFによる月曜夜の視聴率戦争)における、ホーガンの役割も大きい。nWo設立、大物引き抜き合戦、ビンス・マクマホンステロイド事件など、この時期にホーガンが関わった事件は少なくない。WCW崩壊後、一時WWEに復帰したが、契約のこじれにつき2003年に離脱。NWA-TNAにたまに顔を出すことはあるが、基本的にフリーとなった。

ハルクという名前はもともとテレビ番組の"Incredible Hulk"を元にビンス・マクマホン Sr.が付けたものだが、番組の権利を保有するマーベル社と紛争が生じる。一時期「ハルク」が使えず、ハリウッド・ホーガンとして活躍していた時期もあったが2005年3月7日に決着。ホーガンは「ハルク」の名前を使用する権利を獲得した。

現在はレッスルマニア21"Hall of fame"をきっかけにWWEとの関係が再び深まりつつある。

フィニッシュ・ムーブ

アックスボンバー(日本)

ハルク・アップ*2

本名:Terry Gene Bollea

誕生日:1953/8/11

リスト::プロレスラー

*1:アックスボンバーや「イッチバーン」の掛け声は日本では有名だが、実はアメリカマットでは使われていない。

*2:ホーガンが気合を入れ、一定時間無敵(!?)になる。その後、対戦者を指差し、うろたえさせた後、ビッグブーツ→レッグドロップを決める。ホーガンの神秘性とカリスマ性をもって初めて可能となる脅威の技。