スマートフォン用の表示で見る

読書

バッテリー

ばってりー

あさのあつこ著 佐藤真紀子・絵 児童文学小説

2008年NHKでのドラマ化は→「バッテリー」参照。

  • 野球の好きな中学生の話。
  • 高校でも通用するレベルの天才ピッチャー巧と、その腕前に惚れ込んでバッテリーを組む豪が主人公。
  • 野球に明け暮れるだけではなく、巧は命令したがりのくせに自分が人の命令に従うのは大嫌いなので、いろいろいじめられたり煙たがられたりして学校生活も大変です。

 2007年公開予定で、映画の製作が決定。

 現在、映画に出演する「野球少年」を募集中(2006年2月現在)

 詳しくはコチラ→http://www.kadokawa-pictures.com/news/060224_battery/index.html

 

角川書店 文庫 

  1. ISBN:4043721013(2003年12月)
  2. ISBN:4043721021(2004年6月)
  3. ISBN:404372103X(2004年12月)
  4. ISBN:4043721048(2005年12月)
  5. ISBN:4043721056(2006年6月)

comic版

月刊ASUKA 連載

画:柚庭千景

  1. ISBN:4049249995(2005年3月)
  2. ISBN:4049250136(2005年10月)
  3. ISBN:4049250233(2006年3月)
  4. ISBN:4049250330(2006年9月)

スポーツ

バッテリー

ばってりー

野球で、ピッチャーとキャッチャーの組み合わせ。


では何故「battery」が電池の意味になったのだろうか。「殴打」の意味から「砲撃」という意味が派生し、更に大砲部隊など構成単位の意味まで拡張された。この一揃いの構成単位という意味から転じて野球用語のbattery*9が出来たのだろう。電池も正極と負極の一揃いで構成されるので、batteryと呼ばれるようになったのだろうか。野球と電池とは関係がないので、電池batteryからこの野球用語が派生したとは考えられない。その逆はもっとあり得ない。

0209雑記草