スマートフォン用の表示で見る

パブロン

大正製薬の風邪薬。「日本一売れている風邪薬(当社調べ)」。喉の痛みなどに効果的。

昭和2年(1927年)、鎮咳去痰薬として発売。

名前の由来

パン: PAN=ALL ブロン: BRONCHIAL=気管支

で、「気管支全体に効く」という意味が込められている。