スマートフォン用の表示で見る

ボツリヌス菌

サイエンス

ボツリヌス菌

ぼつりぬすきん

 地中に存在する嫌気性の細菌で、やはり嫌気条件下で毒素(ボツリヌストキシン)を生成する。この毒素は極めて毒性が強く、一説に25gで全人類を殺せるとも言う。嫌気的な条件になるソーセージでよく中毒を起こしたので、ソーセージの意味を菌の名称の起源とする。「からしレンコン」中毒を起こしたのも、この菌。この商品も嫌気的状態にあるからだという。

 また、この毒性を生かして整形する芸能人も多い。顔のしわを減らせる効果があると言う。