スマートフォン用の表示で見る

ボリス・ヴィアン

読書

ボリス・ヴィアン

ぼりすびあん

ボリス・ヴィアンBoris Vian) 作家、詩人、ミュージシャンなど。

<プロフィール>

1920-1959 フランス パリ郊外生まれ (男)

ジャズトランペット奏者、シャンソンの作詞作曲をする傍ら、小説、戯曲を書いた。

すべてのルールと理論を拒否し、自由自在な言語表現に徹した彼の作品は死後、コクトーサルトルらに評価されて若者たちの爆発的支持を得る。

39歳の若さで死去。

ぱんどらーず・ぼっくす>「ボリス・ヴィアン」より

作品緑

・小説(ボリス・ヴィアン名義)

・小説(ヴァーノン・サリヴァン名義)

詩集

  • 「百のソネット」(原題Cents sonnets)死後出版
  • 「凍った哀歌」(原題Cantilenes en gelee)1949年
  • 「ぼくはくたばりたくない」(原題Je voudrais pas crever)1962年、死後出版

戯曲

  • 「屠殺屋入門」(原題Equarrissage pour tous)1950年
  • 「最高の職業」(原題Le dernier des metiers)1950年
  • 「将軍たちのおやつ」(原題Le Gouter des generaux)
  • 「蒼白のシリーズ」(原題Serie bleme)
  • 「帝国の建設者」(原題Les Batisseurs d'empire)1959年