マリア

キーワードの候補

3件

一般

マリア

まりあ

聖《マリア》

 そのおとめの名はマリアといった。(ルカ 1:27)、このマリアからメシアと呼ばれるイエスがお生まれになった。(マタイ 1:16)、すると、天使は言った。「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。(ルカ 1:30)、マリアは天使に言った。「どうして、そのようなことがありえましょうか。わたしは男の人を知りませんのに。」(ルカ1:34 )、マリアは言った。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」(ルカ 1:38)、 夫ヨセフは正しい人であったので、マリアのことを表ざたにするのを望まず、ひそかに縁を切ろうと決心した。(マタイ 1:19)、主の天使が夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフ、恐れず妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである。(マタイ 1:20)、マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」(マタイ 1:21)、男の子が生まれるまでマリアと関係することはなかった。そして、その子をイエスと名付けた。(マタイ 1:25)、この人は、大工ではないか。マリアの息子で、ヤコブ、ヨセ、ユダ、シモンの兄弟ではないか。姉妹たちは、ここで我々と一緒に住んでいるではないか。(マルコ 6:3)、イエスの十字架のそばには、その母と母の姉妹、クロパの妻マリアとマグダラのマリアとが立っていた。(ヨハネ福 19:25)、彼らは皆、婦人たちやイエスの母マリア、またイエスの兄弟たちと心を合わせて熱心に祈っていた。(使徒 1:14)  (『聖書 新共同訳』より)

聖マリアの誕生(教会暦)

 九月八日にマリアをたたえる習慣は、エルサレムで始まったようである。五世紀に建てられた聖マリア誕生の大聖堂で、すでにこの祝日が祝われていた。ビザンチン典礼ローマ典礼では、七世紀にこの日を聖マリアの誕生日として記念するようになった。救い主の母として選ばれた罪のないマリアの誕生は、すべての人にとって希望であり救いの夜明けである。(『毎日の読書』より)

一般

マリア

まりあ

一般

マリア

まりあ