スマートフォン用の表示で見る

メトロセブン

地理

メトロセブン

めとろせぶん

構想段階の鉄道路線(東京都)

メトロセブンとは、東京都に存在する都道環状七号線(都道318号/環七通り)を基本的な導入地区目標として構想された鉄道計画である。

東京都鉄道大量輸送に際し、欠点となっていた放射方向への移動機能に対応。

・大量輸送機能である鉄道を導入し、慢性的に存在する道路渋滞の解消。

(現在環七を走行しているバスに対し、定時到着移動時間半減が予想。)

・都心周辺から放射方向移動の際、一旦都心部へ移動を必要とした経路に対し、直接に放射方向移動できる事による高速化・都心部への混雑解消。

環七が通過する地域において鉄道空白地帯の解消。

以上のような利点が望まれる。

現在JR京葉線葛西臨海公園駅を起点として、赤羽までの環七東部を導入目標として構想が存在している。

なお、赤羽より西部の放射方向への鉄道輸送強化としては、環八周辺を導入目標としているエイトライナー構想が存在している。

一部区間によっては、急行バスの「シャトルセブン」で構想実現している。

構想中の路線経由地(既存駅を目安として。)

現在の鉄道駅における、以下の経由地が想定される。

(実際に環状八号線道路に経由した場合、一部の駅からは徒歩10分以上の距離が想定されるので、表記された駅は、あくまでも目安である。)

放射方向を、時計回りになるように表記。

              
目安となる駅名路線名周辺自治体
赤羽JR東日本 宇都宮線 高崎線 湘南新宿ライン 京浜東北線 埼京線 北区
大師前 西新井 東武鉄道 大師線足立区 
北綾瀬 東京メトロ 千代田線足立区 
亀有 JR東日本 常磐緩行線足立区 
青砥 京成電鉄 京成本線 押上線 足立区 
一之江 東京都交通局 新宿線江戸川区 
葛西 東京メトロ 東西線江戸川区 
葛西臨海公園 JR東日本 京葉線江戸川区 

メトロセブン
目次