スマートフォン用の表示で見る

埼京線

地理

埼京線

さいきょうせん

JR東日本の路線。大崎大宮間。ただし運転系統上は大崎川越間を指すこともある。

新木場大崎川越間で東京臨海高速鉄道りんかい線相互直通運転を行っている。

線名

「埼京線」は公式の線路名称ではなく、細かく言えば、山手貨物線の一部(大崎池袋)・赤羽線池袋赤羽)・東北本線の一部(別線:赤羽武蔵浦和大宮)を直通運転する路線の愛称であるが、川越線の一部である大宮川越間も含める場合がある。池袋駅大崎駅間では湘南新宿ライン等と線路を共用する。それ以外の区間は埼京線の列車のみが運転される。ただし車庫(川越車両センター)の関係で、川越線の高麗川方面の列車の中に、南古谷駅発着となるものがある。

特徴

首都圏の通勤路線の中でも混雑率の高い路線として有名で、特に赤羽新宿間の混雑は激しい。中でも赤羽、板橋、池袋新宿渋谷は駅構造の関係で1号車付近(大宮寄り)の混雑が激しい。そのためスリや痴漢の発生件数も多く、2009年末から一部編成の1号車に監視カメラが設置された。JR普通列車としては初の監視カメラ導入である。その効果は絶大で、2010年6月からは全編成に監視カメラが設置されている。

直通運転先のりんかい線新木場から終点川越までの車窓は変化に富み、東京湾、海底トンネル、都心、住宅街、田園風景、秩父の山々など多様な風景を楽しめる。

大崎駅池袋駅間では並行する山手線より停車駅が少ないため山手線の快速線として機能するが、大崎駅新宿駅間は成田エクスプレス湘南新宿ライン貨物列車の合間を縫って運転するため運行本数が少なく、山手線より速いかはタイミング次第である。

列車

普通列車各駅停車)のほか、快速と通勤快速が設定されている。通勤快速は平日の朝夕の運転であり、快速はそれ以外の時間(早朝・深夜を除く)に運転される。上り列車の行先は主として新木場駅または新宿駅、下り列車の行先は主として川越駅大宮駅赤羽駅である。

車両はJR205系E233系東京臨海高速鉄道70-000形が、全列車10両編成で使用される。205系の一部は2・3号車に6扉車を組み込む。

2001年7月、深夜に限り女性専用車を導入したが、2005年4月より朝ラッシュ時にも拡大された。女性専用車新木場方先頭の10号車である。