スマートフォン用の表示で見る

山手線

キーワードの候補

2件

地理

山手線

やまのてせん

路線

線路名称としては東京の「山の手」地区を走る品川駅新宿駅田端駅間20.6kmの路線を指すが、一般には東京中心部を周回運転する電車の運転系統として知られる。環状線としての山手線のうち、田端駅〜東京駅は正式には東北本線、東京駅〜品川駅は正式には東海道本線であるが、この区間についても山手線独自の複線の線路を持っている。品川駅〜新宿駅〜田端駅間は湘南新宿ライン埼京線が走る貨物線山手貨物線)を併設した複々線となっている。

ラインカラーは黄緑(正確にはうぐいす色)である。

運転

運転形態は、1周34.5km・64-67分の環状線時計回りに回る「外回り」と反時計回りに回る「内回り」がある。運用数は内回りと外回りを合わせて48。

長らく205系が走っていたが、2005年4月18日から、車両は11両編成のE231系500番台に統一。これによりデジタルATCの導入が可能となるため、次回ダイヤ改正では1周1時間の壁をクリアし、58分で走れるようになる見込みである。

2017年までに全駅にホームドアの設置すると発表された。恵比寿駅では2010年6月26日から、目黒駅では8月28日から先行導入を開始する。

読み方

正式には「やまのてせん」。国鉄内部では「やまてせん」という読み方も行われていた。終戦後、占領軍国鉄に対し全路線のローマ字表記を提出させた時、つい"Yamate Line"と書いてしまい、ここから「やまてせん」という読み方が一般に広まった。

読み方が2通りあったり、根岸線山手駅があったりと混乱を招くということで、1971年3月7日の吾妻線(あがつません)全線開業を機に、国鉄は「やまのてせん」に統一すると発表した。

駅名よみ
“えき”は略
所在地
東京都
接続路線
大崎駅おおさき品川区大崎1りんかい線湘南新宿ライン
五反田駅ごたんだ品川区東五反田1東急池上線都営浅草線
目黒駅めぐろ品川区上大崎2東急目黒線東京メトロ南北線都営三田線
恵比寿駅えびす渋谷区恵比寿南1東京メトロ日比谷線
渋谷駅しぶや渋谷区道玄坂1東急東横線東急田園都市線京王井の頭線
東京メトロ銀座線半蔵門線副都心線
原宿駅はらじゅく渋谷区神宮前1東京メトロ千代田線
代々木駅よよぎ渋谷区代々木1中央緩行線都営大江戸線
新宿駅しんじゅく新宿区新宿3中央線都営新宿線都営大江戸線
東京メトロ丸ノ内線
小田急線京王線
新大久保駅しんおおくぼ新宿区百人町1
高田馬場駅たかだのばば新宿区高田馬場1西武新宿線東京メトロ東西線
目白駅めじろ豊島区目白3
池袋駅いけぶくろ豊島区南池袋1埼京線湘南新宿ライン
西武池袋線東武東上線
東京メトロ丸ノ内線有楽町線副都心線
大塚駅おおつか豊島区南大塚3都電荒川線
巣鴨駅すがも豊島区巣鴨1都営三田線
駒込駅こまごめ豊島区駒込2東京メトロ南北線
田端駅たばた東京都北区東田端1京浜東北線
西日暮里駅にしにっぽり荒川区西日暮里5東京メトロ千代田線
日暮里駅にっぽり荒川区西日暮里2常磐線京成線
鶯谷駅うぐいすだに台東区根岸1
上野駅うえの台東区上野7新幹線各線・宇都宮線高崎線常磐線
御徒町駅おかちまち台東区上野5
秋葉原駅あきはばら千代田区外神田1総武線緩行・東京メトロ日比谷線つくばエクスプレス
神田駅かんだ千代田区鍛冶町2中央線快速・東京メトロ銀座線
東京駅とうきょう千代田区丸の内1新幹線各線・中央線快速総武線快速京葉線・東京メトロ丸ノ内線
有楽町駅ゆうらくちょう千代田区有楽町2東京メトロ有楽町線千代田線日比谷線
都営三田線
新橋駅しんばし東京都港区新橋2東京メトロ銀座線都営浅草線ゆりかもめ
浜松町駅はままつちょう港区海岸1東京モノレール都営浅草線都営大江戸線
田町駅たまち港区芝5京浜東北線都営浅草線都営三田線
品川駅しながわ港区高輪3東海道新幹線東海道線横須賀線京浜東北線京急線

新駅

品川駅−田町駅間に新駅の設置が計画されている。2010年代前半に完成予定。


リスト::鉄道路線

地理

山手線

やまてせん