スマートフォン用の表示で見る

京浜東北線

地理

京浜東北線

けいひんとうほくせん

JR東日本鉄道路線、大宮〜東京〜横浜間を行く電車線の愛称。

横浜−大船の根岸線の区間でも「京浜東北線」と呼ばれることが多々ある。

路線名

「京浜東北線」という名称は正式な路線名ではなく、線籍上は

となっている。

元々東海道線および東北線高崎線各駅停車線として機能しており、戦前から東海道線部分の緩行線愛称だった「京浜線」と東北線を足して「京浜東北線」とされ、根岸線区間が延伸開業するような形で加わったので、これを合わせて現在の案内上の名称は「京浜東北根岸線」と称している。この根岸線は正式な線名で、線籍上は東海道線グループの支線に属している。

東海道線宇都宮線高崎線中距離電車線(上野東京ライン)とは線路が完全に分離されているので、これらの路線の他に京浜東北線という路線があると認識されているようだ。

運転系統

埼玉県さいたま市大宮から神奈川県鎌倉市大船までの1都2県46駅を各駅停車で結ぶ。これはJRの近郊電車では最多の停車駅数であり、似たような境遇のJR西日本JR京都線JR神戸線の停車駅数を上回る。なお、日中は山手線と並行する田端品川間を快速として一部駅を通過としている。

年末年始は特別ダイヤで日中も全て各駅停車となる。発着駅は大宮南浦和蒲田磯子大船が大半だが、朝夕などは赤羽東十条鶴見東神奈川桜木町発着の電車もある。

ラインカラーは水色(スカイブルー)。

北行・南行

一般に上り下りの区別は東京に向かう方・遠ざかる方で決まるが、京浜東北線は東京を通る路線のため、「上り・下り」が東京で入れ替わってしまう事となる。そのため、京浜東北線では上り下りではなく、「北行・南行」と呼んでいる。これは並行する上野東京ラインも同じである。

駅と接続路線

駅名よみ
“えき”は略
接続路線
大宮駅おおみや東北新幹線上越新幹線長野新幹線
湘南新宿ライン宇都宮線高崎線埼京線川越線
ニューシャトル東武アーバンパークライン
さいたま新都心駅さいたましんとしん上野東京ライン
与野駅よの-
北浦和駅きたうらわ-
浦和駅うらわ上野東京ライン湘南新宿ライン
南浦和駅みなみうらわ武蔵野線
蕨駅わらび-
西川口駅にしかわぐち-
川口駅かわぐち-
赤羽駅あかばね湘南新宿ライン埼京線上野東京ライン
東十条駅ひがしじゅうじょう-
王子駅おうじ東京メトロ南北線都電荒川線(王子駅電停)
上中里駅かみなかざと-
田端駅たばた山手線
西日暮里駅にしにっぽり山手線東京メトロ千代田線(常磐緩行線直通)
日暮里・舎人ライナー
日暮里駅にっぽり山手線常磐快速線
京成本線日暮里・舎人ライナー
鶯谷駅うぐいすだに山手線
上野駅うえの東北新幹線上越新幹線長野新幹線
常磐快速線上野東京ライン山手線
東京メトロ銀座線日比谷線
御徒町駅おかちまち山手線
東京メトロ銀座線(上野広小路駅)、日比谷線(仲御徒町駅)
都営大江戸線(上野御徒町駅)
秋葉原駅あきはばら山手線中央・総武緩行線
東京メトロ日比谷線つくばエクスプレス
都営新宿線(岩本町駅)
神田駅かんだ山手線中央快速線
東京メトロ銀座線
東京駅とうきょう東海道新幹線東北新幹線上越新幹線長野新幹線
山手線上野東京ライン常磐快速線総武快速線横須賀線京葉線
東京メトロ丸ノ内線東西線(大手町駅)
有楽町駅ゆうらくちょう山手線
東京メトロ有楽町線
新橋駅しんばし山手線上野東京ライン常磐快速線横須賀線
東京メトロ銀座線都営浅草線ゆりかもめ
浜松町駅はままつちょう山手線東京モノレール
都営浅草線大江戸線(大門駅)
田町駅たまち山手線
品川駅しながわ東海道新幹線
山手線上野東京ライン常磐快速線横須賀線
京急本線
大井町駅おおいまち東急大井町線りんかい線
大森駅おおもり-
蒲田駅かまた東急多摩川線池上線
川崎駅かわさき上野東京ライン南武線
鶴見駅つるみ鶴見線
新子安駅しんこやす-
東神奈川駅ひがしかながわ横浜線
横浜駅よこはま上野東京ライン湘南新宿ライン横須賀線
東急東横線みなとみらい線京急本線相鉄本線
横浜市営地下鉄ブルーライン
桜木町駅さくらぎちょう横浜市営地下鉄ブルーライン
関内駅かんない横浜市営地下鉄ブルーライン
石川町駅いしかわちょう-
山手駅やまて-
根岸駅ねぎし-
磯子駅いそご-
新杉田駅しんすぎた金沢シーサイドライン
洋光台駅ようこうだい-
港南台駅こうなんだい-
本郷台駅ほんごうだい-
大船駅おおふな東海道線横須賀線
湘南モノレール

車両

根岸線区間では横浜線から乗り入れの8両編成(E233系/鎌倉車両センター)の運行あり


リスト::鉄道路線