スマートフォン用の表示で見る

西武池袋線

地理

西武池袋線

せいぶいけぶくろせん

西武鉄道鉄道路線池袋吾野間 57.8km

線籍上は池袋吾野間が池袋線であるが、運行系統は飯能駅で分かれており、飯能西武秩父間は秩父線の一部として案内されることがある。

駅一覧

駅番号駅名よみ
“えき”は略
乗換
SI01池袋駅いけぶくろJR山手線埼京線湘南新宿ライン
東京メトロ丸ノ内線有楽町線副都心線
東武東上線
SI02椎名町駅しいなまち-
SI03東長崎駅ひがしながさき-
SI04江古田駅えごた-
SI05桜台駅さくらだい-
SI06練馬駅ねりま豊島園駅行き、西武有楽町線(東京メトロ有楽町線・副都心線)
都営大江戸線
SI07中村橋駅なかむらばし-
SI08富士見台駅ふじみだい-
SI09練馬高野台駅ねりまたかのだい-
SI10石神井公園駅しゃくじいこうえん-
SI11大泉学園駅おおいずみがくえん-
SI12保谷駅ほうや-
SI13ひばりヶ丘駅ひばりがおか-
SI14東久留米駅ひがしくるめ-
SI15清瀬駅きよせ-
SI16秋津駅あきつJR武蔵野線(新秋津駅)
SI17所沢駅ところざわ西武新宿線
SI18西所沢駅にしところざわ西武狭山線
SI19小手指駅こてさし-
SI20狭山ヶ丘駅さやまがおか-
SI21武蔵藤沢駅むさしふじさわ-
SI22稲荷山公園駅いなりやまこうえん-
SI23入間市駅いるまし-
SI24仏子駅ぶし-
SI25元加治駅もとかじ-
SI26飯能駅はんのう西武秩父線

列車運行について

西武池袋線の特徴としてよく言われるのが、列車種別の多さ。

追加料金なしで乗れる列車には普通列車のほか、通勤準急準急快速通勤急行急行快速急行がある。かつてはこのほかに区間準急と通勤快速が存在した。これはそれぞれの駅利用者数が大きな違いが無く、ラッシュ時に利用駅事に乗車する列車を分散させる目的の為。種別に「通勤」と付く種別は、基本的にこのラッシュ時の混雑分散目的列車で、ラッシュ時中心のみで運転される。

今後もダイヤ改正の際に変更が発生すると予想される。

有料特急ちちぶむさしが運転されている。「ちちぶ」は池袋西武秩父間、「むさし」は池袋飯能間の運行だが、池袋飯能間における両者の停車駅は同じであり、号数も通しで振られている。

基本的な種別の停車駅と運行区間

通勤種別は除く。2013年3月16日改正時点

特急

池袋西武秩父の列車が「ちちぶ」、池袋飯能間の列車が「むさし」となっており、号数は通し。「ちちぶ」はほぼ終日にわたって60分間隔で運行され、「むさし」は朝と夕方以降に60分間隔で運行、「ちちぶ」とあわせて池袋飯能間を30分間隔としている。

快速急行

池袋発着は土休日朝の池袋発と夕方の池袋行きを運行し西武秩父まで直通、4000系を使用。

日中は平日・土休日とも東京メトロ副都心線東急東横線直通で元町・中華街小手指飯能間を30分間隔で運行(元町・中華街渋谷特急渋谷小竹向原急行)。

急行

日中は3本/h運行。

快速

平日・土休日とも朝と夕方以降に運行。東京メトロ直通列車もある。

準急

相互直通運転

練馬から西武有楽町線を介して東京メトロ有楽町線副都心線、さらに副都心線を介して東急東横線相互直通運転を行っている。区間は元町・中華街/新木場小竹向原飯能。1998年に有楽町線、2008年に副都心線、2013年に東横線との直通が開始された。


リスト::鉄道路線