都営浅草線

地理

都営浅草線

とえいあさくさせん

都営地下鉄の路線。西馬込押上間 18.3km。正式には「1号線浅草線」。かつては「都営1号線」と呼ばれていた。

ラインカラーはローズ。

直通運転

押上京成押上線泉岳寺京急本線と直通しており、京成方面は北総鉄道成田スカイアクセス経由で成田空港まで、また京成本線経由で成田空港芝山千代田まで、京急方面は羽田空港新逗子三崎口まで直通列車が走っている。相互直通運転なので、浅草線内では都営のほか、京急京成北総鉄道千葉ニュータウン鉄道の4社の車両も走っている。

エアポート快特

都営浅草線優等列車として、羽田空港京成線方面を結ぶ「エアポート快特」が約20分間隔で運行されている。

そのほか浅草線内では普通列車のほか、快速(京成本線北総線方面)・エアポート急行(京急線 羽田空港方面)・快特京急線 三崎口羽田空港方面)等が運行されるが、浅草線内はいずれも各駅に停車する。

参考:http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2003/05/60d5t200.htm

年表

1960年12月 押上浅草橋間開業、京成電鉄直通運転開始

1962年 5月 浅草橋東日本橋間開業

1962年 9月 東日本橋人形町間開業

1963年 2月 人形町東銀座間開業

1963年12月 東銀座新橋間開業

1964年10月 新橋大門間開業

1968年 6月 大門泉岳寺間開業、京浜急行電鉄直通運転開始

1968年11月 泉岳寺西馬込間開業

駅一覧

駅番号駅名よみ
“えき”は略
エアポート快特乗換
A-01西馬込駅にしまごめ--
A-02馬込駅まごめ--
A-03中延駅なかのぶ-東急大井町線
A-04戸越駅とごし--
A-05五反田駅ごたんだ-JR山手線東急池上線
A-06高輪台駅たかなわだい--
A-07泉岳寺駅せんがくじ京急本線(相互直通運転)
A-08三田駅みた都営三田線
JR山手線京浜東北線田町駅
A-09大門駅だいもん都営大江戸線
JR山手線京浜東北線東京モノレール浜松町駅
A-10新橋駅しんばし東京メトロ銀座線
JR山手線京浜東北線東海道線横須賀線
ゆりかもめ
A-11東銀座駅ひがしぎんざ東京メトロ日比谷線
A-12宝町駅たからちょう-
A-13日本橋駅にほんばし東京メトロ東西線銀座線
A-14人形町駅にんぎょうちょう東京メトロ日比谷線
A-15東日本橋駅ひがしにほんばし都営新宿線馬喰横山駅JR総武快速線馬喰町駅
A-16浅草橋駅あさくさばしJR中央・総武緩行線
A-17蔵前駅くらまえ都営大江戸線(地上乗り換え)
A-18浅草駅あさくさ東京メトロ銀座線
東武スカイツリーライン
A-19本所吾妻橋駅ほんじょあづまばし-
A-20押上駅
(スカイツリー前)
おしあげ
(スカイツリーまえ)
京成押上線(相互直通運転)
東京メトロ半蔵門線東武スカイツリーライン

車両

京成・北総・京急と直通しているため、多種多様な車両が運行されている。基本的に8両編成だが、京成の車両は6両編成が入線する運用もある。ただし、京成3600形(3668F除く)は京急へは入れないため、それ以外の京成車両とは運用が分かれている。京成3000形のうち50番台は京成北総線アクセス特急となる列車に優先的に充当される。

運行形態

京急との直通の関係で、運転系統は泉岳寺で大きく二分されており、泉岳寺西馬込間は区間列車が多く支線のような扱いとなっている。この区間列車は泉岳寺京急線直通列車と同一ホーム接続している。押上方面〜西馬込間を直通する列車は、泉岳寺で同駅発着の京急線列車と同一ホーム接続している。京成押上線方面へはほとんどの列車が直通するが、京急方面は一部が泉岳寺で乗り換え扱いとなる。

日中は40分サイクルで

が各20分間隔、

が各40分間隔、

が10分間隔での運行となっている。