スマートフォン用の表示で見る

横須賀線

地理

横須賀線

よこすかせん

JR東日本鉄道路線東海道線グループの支線に属する。通称「スカ線」。

f:id:mikagekawase:20110918105131j:image

名称

路線籍上では本来の横須賀線大船駅久里浜駅間 23.9kmだが、一般には東京駅から横須賀線に直通する列車を、東海道本線区間も含めて横須賀線と呼ぶ。

1980年東海道本線系統の輸送力増強を目的として、それまで東海道線湘南電車)と共用していた旅客線から横須賀線列車の分離が行なわれた。これにあたっては、貨物線リソースを加えて有効活用する形で品川駅〜旧横浜貨物ターミナル(既廃、新川崎駅隣接の空き地と新鶴見信号所がその跡)〜鶴見駅を結ぶ貨物線区間「品鶴線(ひんかくせん)」および保土ヶ谷ショートカット、さらに1976年に先行開業していた総武快速線が使用していた東京駅品川駅間の地下線を加えて再編成が行なわれた。

路線

横須賀線電車は東京駅では総武地下ホームに発着、総武快速線と直通運転を行っており、さらには総武本線成東駅成田線成田空港駅鹿島線鹿島神宮駅外房線上総一ノ宮駅内房線君津駅からも直通列車がある。品川駅の手前までは地下線を走り、品川駅からは武蔵小杉駅経由の通称「品鶴線」を経由して横浜に至る。横浜駅から先も「東海道線」とは別線で、横浜駅戸塚駅間では「東海道線」にホームのない保土ケ谷駅東戸塚駅にも停車する。大船駅からは東海道線から分かれて三浦半島を縦断、鎌倉駅横須賀駅を経て終点・久里浜駅に到着する。

上記のほか、新宿駅宇都宮線高崎線方面からの直通列車(湘南新宿ライン)もあり、西大井の手前の「旧蛇窪?信号場」(下神明駅前にあって大崎駅構内)で合流している。宇都宮線からの直通列車は横須賀線逗子駅まで乗入れ、高崎線からの直通列車は戸塚駅から先は東海道線に入って平塚駅小田原駅まで乗入れている。

車両

E217系を使用。ラインカラースカ色の語源は横須賀線に用いられたことに因んでいる。

基本編成は11連または増結4両を久里浜駅方に加えた15連で、15連の編成は逗子駅までしか入れないため、逗子駅久里浜駅間の区間列車には増結用4連のみで運行されるスジもある。

また、湘南新宿ラインとしては、E231系が基本編成10連または増結5両を東京駅高崎駅黒磯駅)方に加えた15連で使用されている。昔は横須賀線車両での湘南新宿ライン乗入れ(新宿駅まで)があったが、2004年10月16日の大増発改正でこれは廃止され、E231系による宇都宮線直通と高崎線両毛線直通の2系統に改められた。

年表

1889年6月 大船駅横須賀駅間 開業

1925年12月 電化

1944年4月 横須賀駅久里浜駅間 開業

1976年10月 東京駅品川駅間の地下新線開業(当時は総武快速線のみで使用開始)

1980年10月 東京駅大船駅間で東海道線との分離運転開始、品鶴線区間に新川崎駅開業。総武快速線(一部の便が成田線鹿島線内房線外房線)と直通開始

1991年3月 成田線成田空港駅開業に伴い、総武快速線東海道貨物線(現埼京線)・横須賀線に空港連絡特急成田エクスプレス」営業運転開始。横須賀線内は横浜駅を発着駅とし、大船駅まで回送折り返し。(のちに一部大船発着便も登場した)

2001年12月 湘南新宿ライン直通運転開始、大崎駅(当時はホーム未設)から埼京線と路線を共用して、横浜駅方面から渋谷駅新宿駅池袋駅・ひいては赤羽駅以北に乗り換えなして結ばれる。

2004年10月 湘南新宿ラインへの横須賀線E217系編成乗入れを廃止、宇都宮線E231系編成(10〜15両)の逗子駅乗入れに統一。

2010年3月 新川崎駅〜西大井駅間に武蔵小杉駅開業