スマートフォン用の表示で見る

レンブラント

アート

レンブラント

れんぶらんと

芸術家

レンブラント・ファン・レイン(1606年-1669年)

バロック美術を代表する芸術家の一人。

17世紀のオランダで最大の画家であり、アムステルダムで活躍したが、当時における偉大な例外でもあり、他の画家が専門を定め、特定の主題を繰り返し描いているなかで、静物画を除くあらゆる画種を手掛けている。その上、ルネサンス以来の正統的分野である構想画(宗教画・神話画・歴史画等)に最も力を入れていた。

晩年のレンブラントは、絵の具を厚く盛り上げて、それ自体輝かしく魅力ある絵肌を作り出すなど、油彩技法の面でも極めて斬新であった。