スマートフォン用の表示で見る

ローマ字入力

コンピュータ

ローマ字入力

ろーまじにゅうりょく

パソコンなどの情報機器を用いて日本語入力をするために用いる「ひらがな」入力方式の一つ。

JIS規格としては、JIS X 4063:2000(仮名漢字変換システムのための英字キー入力から仮名への変換方式)として約10年間存在していたが、同規格は「IMEシェアの寡占化によって、ローマ字定義の多様性が薄れた」ために、2010年に廃止された*1


Windows端末で「かな入力」と「ローマ字入力」を切り替える場合は、次の操作のうちいずれかを行う。

  1. IMEツールバーの右端下側にある「KANA」表示をマウスで1回クリックする。
  2. 「Alt」を押しながら「カタカナ/ひらがな/ローマ字」を押す。
    • うまく切り替わらない場合は、「Alt」を押しながら「半角/全角/漢字」を押し、一旦キーを離してから「Alt」を押しながら「カタカナ/ひらがな/ローマ字」を押す。
  3. IMEツールバーの「プロパティ──入力設定」を開いて、入力方法を設定しなおす。

ひらがなを直接指定する方式ではなく、五十音表の行段を別々の打鍵により指定する方法である。

以下に、ローマ字入力をするうえで最低限必要な定義を示す。

ワ行ラ行ヤ行マ行ハ行ナ行タ行サ行カ行ア行
わWA らRA やYA まMA はHA なNA TA さSA かKA あA ア段
 りRI  みMIひHIにNIちTIしSIきKIいIイ段
 るRUゆYUむMUふHUぬNUつTUすSUくKUうUウ段
 れRE めMEへHEねNEてTESEけKEえEエ段
をWOろROよYOもMOほHOのNOとTOそSOこKOおOオ段
    ー-んNNっXTU。.、,う゛VUそのほかの文字
  ゃXYAは°PAばBA だDAざZAGAぁXAア段濁音・半濁音・小書き文字
   ひ°PIびBI ぢDIじZIGIぃXIイ段濁音・半濁音・小書き文字
  ゅXYUふ°PUぶBU づDUずZUぐGUぅXUウ段濁音・半濁音・小書き文字
   へ°PEべBE でDEぜZEGEぇXEエ段濁音・半濁音・小書き文字
  ょXYOほ°POぼBO どDOぞZOごGOぉXOオ段濁音・半濁音・小書き文字
  • パソコンにおけるローマ字入力は「学校で習うローマ字」とは異質のもので、あくまでも「JIS X 4063綴りをつかって、現代仮名遣いのための【かな】を出すプロセスの一つ」である。国語科の授業で『学校(がっこう)』のローマ字綴りを問われたときに、決して「gakkou」などと回答してはならない。
  • 上記の綴りに縛られず「すべてのJIS X 4063綴りを覚え、かつ一切のタイムロス無しに思い出せる」場合は、5%程度の打鍵数(≒打鍵時間)削減*2が見込める。ただし、「たかが5%だ」と割り切れるか、「綴りを思い出すために時間が掛かる」という場合は、上記の綴り以外は無視しても差し支えない。
    • 「い」「ぃ」を除くイ段カナの後にヤ行拗音が続く場合、綴り中の「ix」は省略しても良い。
      • 例)「きゃ」=「kixya」=「kya」
      • 例)「じょ」=「zixyo」=「zyo」
    • 「っ」の後に子音が続く場合は、後に続く子音の2打鍵に置き換えても良い。
      • 例)「っか」=「xtuka」=「kka」
      • 例)「っと」=「xtuto」=「tto」
  • 小書き文字を入力する際には、大文字用の綴りに「X」を前置する(JIS規格のX4063による)。
    • 同じく小書き文字を入力する方法として「L」を前置する方法が知られているが、このときの挙動はJIS規格にはなく、IMによって表示される文字が異なる。
  • この表は次の規則により表記した。
    • バ行とハ°行の判読を容易にするため、半濁点の代わりに「°」を用いて表現している。
    • 表内にある綴りの組み合わせにより表記可能な文字列(拗音節など)については、すべて省略した。
    • ひらがなからの変換操作により出すことができる文字(「ゐ」「ゑ」「ゎ」「ヵ」「ヶ」など)は、すべて省略した。

かな入力」と対比されることも多いが、「ひらがなを入力するための手段」であるという意味では、両者は非常に近い関係にある。

一般的にはQwerty英字配列を用い、JIS X 4063:2000(仮名漢字変換システムのための英字キー入力から仮名への変換方式)規則に則った英字→カナ変換を行う仕様を指す事が多い。

かな漢字変換システムによってはJIS X 4063:2000に準拠しない箇所があり、あるいはJIS X 4063:2000よりも多くの定義を用いていることもあるなど、その実装方法は厳密とは言い切れない部分がある。

*1IMEのシェアは寡占化され、残ったIMEJIS X4063に適応するよう動作しているため、IMEを用いた日本語入力における綴りの揺れは、現時点でほぼ存在しない。一方で、タイピング練習ソフトに代表される「IMEを用いない日本語入力」においては、JIS X 4063:2000の消失に伴って独自ルールが散見されつつあり、一部には「IMEを用いた日本語入力の練習をするためには、役に立たない」ものも出始めている。

*2http://d.hatena.ne.jp/maple_magician/20070604/1180930739を元にした簡易計算による。