ローレンス・オリヴィエ

映画

ローレンス・オリヴィエ

ろーれんすおりう゛ぃえ

Laurence Olivier

(Lord Olivier)

(Sir Laurence Olivier)


20世紀を代表する、舞台と映画の両方で活躍した英国を代表する男優にして演出家。善人から悪役まで幅広い役どころを演じていても、独特の優雅さを醸し出し、決して下品にならなかった名優である。

シェイクスピア劇の演出&出演で有名だっただけではなく、出演初期の『高慢と偏見』のミスター・ダーシー役*1や、『嵐ケ丘』のヒースクリフ役など、若い時はハンサムな役どころもものにした。

1963年から1973年までロンドンナショナル・シアターの芸術監督としても活躍。

1940年から1960年まで、ヴィヴィアン・リーと結婚していたことでも有名。その後は、劇団で活動していた女優のジョーン・プローライト?と結婚した。

なお、最終的にはロードとなったので、サーの称号で呼ぶべきではない。

なお、彼の名を冠にした演劇賞「ローレンス・オリヴィエ賞」が発足され、ウェストエンドの演劇界の最高の権威となっている。

アカデミー賞

主な作品

Confessions of an Actor: The autobiography

Confessions of an Actor: The autobiography

Brideshead Revisited [DVD] [Import]

Brideshead Revisited [DVD] [Import]

Lost Empires [DVD] [Import]

Lost Empires [DVD] [Import]

ブラジルから来た少年 [DVD]

ブラジルから来た少年 [DVD]

ハムレット〈デジタルニューマスター版〉 [DVD]

ハムレット〈デジタルニューマスター版〉 [DVD]

*1ミスター・ダーシーと言えば英国ではローレンス・オリヴィエのイメージが強かったので、コリン・ファースがTV版を演じるにあって気苦労があったという。