スマートフォン用の表示で見る

稲毛区

地理

稲毛区

いなげく

千葉県千葉市稲毛区は、千葉県千葉市行政区の1つ。

千葉市の北西部にあり、千葉市花見川区美浜区中央区若葉区四街道市に囲まれている。

かつては稲毛が海水浴のメッカ漁業も行われていたが、今は埋め立てられており、稲毛浅間神社とその周辺の松林にその面影がある程度である。

また今ではベッドタウンになっており、千葉市中心部への通勤者も多いが、東京から近いために都心への通勤者はさらにも多い。JR総武本線稲毛駅西千葉駅周辺や京成千葉線京成稲毛駅みどり台駅周辺や国道16号周辺を中心に市街地が形成されているほか、千葉大学をはじめとする高等教育機関が集中している。

区全体が台地上に位置しており、なおかつ海に近いため、起伏の多い地形である。また、北部に内陸工業団地を有することも同区の特徴の1つである。

区のイメージカラーは「ブライト・イエロー」*1

面積は21.25km²、人口は156,898人*2

沿革

1889年4月1日、町村制の施行により区域内に千葉千葉町・都賀村・検見川村・犢橋村が発足。

1891年5月1日、検見川村が町制を施行し検見川町となる。

1921年1月1日、千葉町が市制を施行し千葉市となる。

1937年2月11日、都賀村、検見川町が千葉市に編入される。

1954年7月1日、犢橋村が千葉市に編入される。

1992年4月1日、千葉市政令指定都市移行に伴い稲毛区を設置。

*1:区名の「稲」から稲穂の実り、結実など、豊かさや成長を表し、未来への発展をイメージ

*2:2013年5月1日現在