華雄

社会

華雄

かゆう

中国後漢の人物(生年不詳 - 191年?)。董卓に仕えた武将。

190年?袁紹を盟主として反董卓連合軍が結成され、孫堅洛陽を目指して出撃してくると、華雄呂布と共に胡軫の副将として孫堅にあたった。呂布はこの時に胡軫へ「孫堅軍は寡兵で攻撃すればすぐ撃破できる。」と進言した。実際の孫堅軍は磐石の守備態勢をとっており、この進言は呂布胡軫を貶めるために言ったものであった。かくして胡軫は大敗し追撃に遭った。華雄はこの追撃戦で戦死し、晒し首にされた(陽人の戦い?)。

三国志演義』では呂布に並ぶ董卓軍の勇将として登場し、孫堅軍の祖茂?連合軍の勇将を次々に討ち取る活躍を見せるが、諸侯の末席にいた劉備の部下の関羽にあっという間に斬られる(汜水関?の戦い)。

リスト::三国志関連