スマートフォン用の表示で見る

御成敗式目

一般

御成敗式目

ごせいばいしきもく

貞永式目とも。

西暦1232年に鎌倉幕府3代執権北条泰時が定めた法律。ヒトニミニくい御成敗式目と覚えられる。

その頃、武士に関する法律がなかったため、源頼朝が口にしていた武士の道理を元に明文化した。


律令の変更をおそれる京人がいたため、発布に当たって「武士の規定であり律令を侵すものではない」とわざわざ注意されたが、実はこのころ既に律令形骸化してしまっていた。