スマートフォン用の表示で見る

皇極天皇

社会

皇極天皇

こうぎょくてんのう

第35代(642 - 645)

舒明天皇皇后となり、中大兄皇子天智天皇)、大海人皇子(天武天皇)を産んだ。

天皇没後、蘇我蝦夷の支持を受け即位した。このとき皇位継承権のある皇子としては、中大兄皇子、古人大兄皇子(舒明天皇と皇妃法堤郎媛の子)、山背大兄王がいた。

在位中は蘇我蝦夷、その子入鹿が国政を執った。

643年入鹿は山背大兄王を攻め、王は自殺した。

645年中大兄皇子が、中臣鎌足らと謀って蘇我氏を滅ぼした(大化の改新)ため、弟の孝徳天皇軽皇子)に譲位したが、孝徳天皇が没すると重祚して斉明天皇となった。

この譲位重祚とも我が国初である。