穀雨

一般

穀雨

こくう

二十四節気 : 清明→穀雨→立夏

二十四節気の一つ。旧暦三月(弥生)の中気。春のやわらかく、温かい雨が降って、穀類の芽が伸びて来る頃。毎年4月20〜21日頃。穀物が生長するため、私たちが生きるために必要な恵みの雨とされる。天文学的には、天球上の黄経30度の点を太陽が通過する瞬間。黄道十二宮では金牛宮(おうし座)の0度