スマートフォン用の表示で見る

黒糖焼酎

黒糖焼酎

こくとうしょうちゅう

日本の焼酎は約500年前にシャム(現在のタイ王国)から沖縄に渡来したのが始まりとされています(ただし、根拠はそれほど明らかではありません)。沖縄泡盛として親しまれ、その後奄美九州を経て全国に広がっていきました。奄美の人々は、沖縄から伝えられた焼酎に、奄美の主要農産物であった黒糖を使い、製法、技術に多くの改良や工夫を加えて、現在の黒糖焼酎を生み出しました。世界の蒸留酒の中でもこのように食品を原料としている例は極めて珍しいとされています(よく似たラム酒さとうきびの絞り汁である糖蜜が原料)。その実績が評価され、昭和28年、奄美群島アメリカから返還された際に、黒糖を原料にしての酒類製造は酒税法奄美群島奄美大島、喜界島、徳之島沖永良部島与論島)だけに認められることとなり、奄美の特産品として広く知られるようになりました。

 :飲食物 :アルコール飲料