スマートフォン用の表示で見る

三隅研次

映画

三隅研次

みすみけんじ

映画監督立命館大専門部卒。

故人。

1921年生まれ。京都府出身。

日活京都撮影所に助監督として入社するが、やがて召集。戦地へと赴く。

シベリアへと抑留され、1947年帰国。大映京都へ入社する。伊藤大輔松田定次衣笠貞之助に師事し、1954年『丹下左膳・こけ猿の壺』で監督デビュー。

その後は大映の社員監督として、決して恵まれてはいない環境下において、『斬る』『剣鬼』などの意欲作、傑作を残す一方、国産初の70ミリ映画『釈迦』を担当するなど、会社側の信頼も厚かった。

中でも、勝新太郎の代表作となった『座頭市シリーズ』や、市川雷蔵主演の『剣(三部作)』『眠狂四郎シリーズ』などを手懸け、独特の映像美から時代劇監督の巨匠としての地位を不動の物とした。

大映倒産後はテレビドラマの世界へと進出。『天皇の世紀』第9話「急流」で早くも第11回ギャラクシー賞を受賞。その後も『必殺シリーズ』『木枯らし紋次郎』などの話題作に参加する。また、大映時代の盟友、勝新太郎が主役を務める『座頭市物語』『痛快!河内山宗俊』でも冴えた演出を手懸けている。

若山富三郎を主役に迎えた劇場版『子連れ狼』においては、和製スプラッターの萌芽とも言われ、サム・ライミ等にも大きな影響を与えたという。

1975年9月24日、閉塞性黄疸のため死去。享年54歳。

代表作