スマートフォン用の表示で見る

寺田屋

一般

寺田屋

てらだや

京都市伏見区にある旅館。

幕末時、坂本龍馬が常宿としていた。

文久2年(1862)討幕急進派が寺田屋に集まって、決起を企てた「寺田屋騒動」は有名。また、龍馬おりょうさんとの恋の宿としても知られる。