スマートフォン用の表示で見る

酒井若菜

一般

酒井若菜

さかいわかな

酒井若菜(さかい わかな、1980年〈昭和55年〉9月9日 - )は、日本の女優である。

プロフィール

本名:酒井美幸

生年月日:1980年9月9日

出身地:栃木県出身

血液型:A型

身長:158cm

スリーサイズ:B88(F)・W60・H84

芸能事務所は、A-teamエーチーム)所属。

略歴

デビュー当時は本名の「酒井美幸」(みゆき)で活動していた。しかし、同時期に同姓同名異字の酒井美雪がデビューしたため、芸名を現在の「酒井若菜」(わかな)に変更し、当初はグラビアをメインに活動していた。芸名「若菜」(わかな)は、当時プロフィールの写真撮影を担当したカメラマンの妻の名前が由来である。

1997年ヤングジャンプ全国女子高生制服コレクション制コレ)準グランプリ。

日テレジェニック'99にも選ばれ(当時の公称スリーサイズはB94、W60、H85である)、グラビアの登場、出版した写真集共に非常に多く、グラビアアイドルとしては一定の知名度を得た。グラビアアイドル時代は栃木の実家から「通勤」していた。2002年(平成14年)頃まで公称されていたスリーサイズはB88(Fカップ)、W60、H84で、身長は158センチである。現在は身長の数値は公表しているものの、スリーサイズは非公開としている。

2002年(平成14年)頃から女優業をメインに活躍し、現在に至っている。特に「バカ女」キャラクター役に関して天才的な演技力を発揮し、数々のドラマ(特に『木更津キャッツアイ』以降の宮藤官九郎作品において)やテレビCM(東京ガス「女の小野妹子」編 ※下記Youtube参照)にて非常に高い評価を得ている。酒井自身が「バカ女」というわけではなく、サスペンスでのシリアスな役もこなせる演技派である。

2000年(平成12年)4月から公式サイトで月替わり有料コンテンツ「酒井若菜診断室」を提供していた。グラビアアイドル時代はロケ撮影による100枚程度の画像や映像、掲示板があり、女優に転身した後はオフショットや本人のエッセイなど、継続利用特典として本人のトークを提供していた。所属事務所の公式サイトリニューアルに伴い、2006年(平成18年)8月を最後に有料コンテンツの提供は休止された。

2008年(平成20年)6月20日に小説『こぼれる』が発売され、22日には握手会が開催された。これはブログ本を出版する話が転じて執筆を始めたものである。

2009年(平成21年)11月11日に久しぶりのグラビア復帰で写真集『月刊 酒井若菜』を発売した。公式ブログで「久々の写真集です。たぶん数年ぶりにして最後の写真集になるから、お見逃しなく」と綴っている。


人物

  • 自身の公式ブログを開いていたが、ブログのコメントが非常に気になるあまりに携帯電話で逐一チェックしていたら、月のパケット料金が7万円を超してしまったと自身のブログで述べ、自身のことを「ストーカー酒井だよ」とコメントした。自身のブログでは読者からのコメントについて誠実に応対をしていた。
  • 読書が趣味で、“世の中で一番好きな本”として、太田光の『パラレルな世紀への跳躍』を挙げている。司馬遼太郎の書籍により幕末への興味を深めている。司馬の書籍の中では板垣退助が好きで、物語の中での脇役としての地位が自分と重なるところがあると発言している。結婚相手としては安定感のある千葉重太郎をあげている。
  • 視力が悪く、日常生活ではメガネを愛用している。ドライアイのためコンタクトレンズを入れられない。
  • プロ野球は大の巨人ファン
  • 木更津キャッツアイ』が映画化された際に制作された公式ブックの中で、「水着グラビアのお仕事は、実はイヤイヤやっていた」という旨の発言をしている。セカンドビデオ『天使のたまご』の制作を担当した竹書房の編集者が、そのインタビューを読んで大層ショックを受けた。
  • 2009年(平成21年)11月23日の公式ブログにて売れるきっかけとなり、長年に渡り自身を評価し続けてきたテリー伊藤への感謝を記載した。
  • 江川達也北村晴男弁護士など文化人のファンが多い。

出演

テレビ

映画

司会

  • 真夜中の王国03(NHK BS-2)

CM

ラジオ

  • オレたちXXXやってま〜す木曜日(1999年10月 - 2000年9月、毎日放送
  • 散歩する侵略者〜鳴海と真治の二週間(2010年、NHK-FM FMシアター)

舞台

  • BOYS BE…ALIVE TRY AGAIN(2000年4月、博品館劇場)日替わりゲスト
  • 不帰の初恋、海老名SA(2012年9月28日、朗読劇)

Web

その他


書籍

  • 小説『こぼれる』執筆(2008年6月、春日出版)
  • 東京新聞『わが街、わが友』連載(2010年3月3日〜全9回)

写真集