心室中隔欠損症

サイエンス

心室中隔欠損症

しんしつちゅうかくけっそんしょう

先天性心疾患の 30 %を占める心臓病。心室を隔てる筋肉の壁に穴が開いている状態。

似たような病名に心房中隔欠損症があるが,相対的に心室中隔欠損症のほうが軽い症状である。

自然封鎖をする割合は 20-30 %ほどだと言われ,もし封鎖するならば幼少児期に自然封鎖する確立が高くそれ以降には自然封鎖の確立は非常に低い。

外科手術をする場合には,心臓に菌の類がいかぬよう注意する必要がある。歯科手術をする場合も外科手術に相当されるので注意が必要。

ごく微細の穴の場合,日常生活には支障はないと言われる。もし,穴を塞ぐ手術をする場合でも心臓を一時的に停止させるので,リスクと術後の効果を考えなければならない。もし微細な穴で生活に支障がないようであれば,リスクが高く効果は低いのでしないほうが賢明だと思われる。

VSD (Ventricular Septal Defect)。