スマートフォン用の表示で見る

新快速

一般

新快速

しんかいそく

JR西日本およびJR東海で走っている普通列車*1の種別。

JR西日本の新快速

アーバンネットワークの主要路線である琵琶湖線JR京都線JR神戸線を経由して、京阪神を最高130km/h運転で結ぶ列車。表定速度も100km/h弱という破格の数字を誇る。特急列車よりも速く、しかも普通列車*2なので運賃以外の料金は不要である。これは戦前の急電時代からの伝統。

昼間は山科姫路間において15分間隔で運転され、大阪駅発の時間が毎時0分、15分、30分、45分と覚えやすくなっている。

基本の運転系統は長浜米原京都大阪神戸姫路で、山科から湖西線に入って近江今津敦賀へ行く列車や、姫路より先の上郡・播州赤穂へ行く列車、長浜より先の近江塩津敦賀まで行く列車もある。

車両は現在、オール転換クロスシート223系1000番台、2000番台、3000番台および225系0番台(いずれも網干総合車両所所属)が共通運用で充当される。米原近江今津姫路間は平日は8両または12両編成、土休日はすべて12両編成で運転されるが、ホーム有効長の関係で姫路播州赤穂・上郡間は8両編成(網干発着を除く)、米原近江今津敦賀間は4両編成で運転される。過去には113系117系221系が運用されていた。

停車駅は以下の通り。途中で普通・快速に/から種別変更される列車もある。

琵琶湖線JR京都線JR神戸線赤穂線:敦賀米原間各駅、彦根能登川近江八幡野洲守山草津南草津石山大津山科京都高槻新大阪大阪尼崎芦屋三宮神戸明石西明石加古川姫路播州赤穂間各駅

湖西線:近江塩津近江舞子間各駅、堅田比叡山坂本大津京山科

なお、国鉄時代の昭和47年(1972年)から55年(1980年)までは、阪和線にも新快速という種別の列車が存在していた。

英語表記は登場当初New Rapid Serviceだったが、1995年に223系が登場してからはSpecial Rapid Service(「特別快速」の意味)となっている。

JR東海の新快速

浜松豊橋名古屋大垣米原を走る普通列車の種別。

基本停車駅は浜松豊橋間各駅、蒲郡、岡崎、安城刈谷大府金山名古屋尾張一宮岐阜米原間各駅で、時間帯によっては一部三河三谷や幸田にも停車する。快速よりも基本停車駅が停車駅が1つ少ない(共和を通過)だけであり、しかも、新快速よりも停車駅がさらに1つ少ない(大府を通過)「特別快速」がある。

なお平成11年から18年9月まで土休日の朝に1本のみ、飯田線の新城〜豊橋間に新快速(平日は特別快速)を運転し、東海道線大垣まで直通していた。

現在の車両は大垣電車区313系で、主に5000番台(6両編成)が使用され、朝夕は300・5300番台(2両編成)を増結する。また、5000番台編成が検査などで足りない時は0番台(4両編成)と300・5300番台を連結して6両編成扱いにしている。

英語表記はNew Rapid Service。

*1急行特急料金が不要な列車の意味。種別としての「普通」ではない。

*2優等列車に対しての普通列車ではなく、運賃以外の料金を必要としない列車という意味