スマートフォン用の表示で見る

政策評価

一般

政策評価

せいさくひょうか

政策評価とは

政策評価とは、政府の各省庁の政策を対象として、政策効果を把握し、必要性・効率性・有効性等の観点から評価を行うことにより、政府の企画立案や実施の見直し・改善を推進する制度とされる。平成13(2001)年6月22日に政策評価に関する基本事項を定めた「行政機関が行う政策の評価に関する法律」が成立。平成14(2002)年4月1日から施行された。

政策評価の目的

  1. 国民本位の効率的で質の高い行政の実現
  2. 国民的視点に立った成果重視の行政への転換
  3. 国民に対する行政説明責任の徹底

誰が評価するか

各省庁による自己評価と、総務省による評価。

政策評価の方法

次の3種類がある。

事業評価
事務事業を対象とする。費用対効果を調べる。
実績評価
主要な施策を対象とする。目標を設定し、その実現度を評価する。
総合評価
特定の行政課題に関連する政策について、事業の問題点などを総合的に評価する。