Hatena Blog Tags

政策評価

(一般)
せいさくひょうか

政策評価とは

政策評価とは、政府の各省庁の政策を対象として、政策効果を把握し、必要性・効率性・有効性等の観点から評価を行うことにより、政府の企画立案や実施の見直し・改善を推進する制度とされる。平成13(2001)年6月22日に政策評価に関する基本事項を定めた「行政機関が行う政策の評価に関する法律」が成立。平成14(2002)年4月1日から施行された。

政策評価の目的

  1. 国民本位の効率的で質の高い行政の実現
  2. 国民的視点に立った成果重視の行政への転換
  3. 国民に対する行政の説明責任の徹底

誰が評価するか

各省庁による自己評価と、総務省による評価。

政策評価の方法

次の3種類がある。

事業評価
事務事業を対象とする。費用対効果を調べる。
実績評価
主要な施策を対象とする。目標を設定し、その実現度を評価する。
総合評価
特定の行政課題に関連する政策について、事業の問題点などを総合的に評価する。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

一切

さて僕は宇宙戦艦ヤマトに夢中になり、戦争物語に憧れ高校生の頃太宰治に衝撃を受けて作家を目指し地獄ものという文学作品に夢中になりましたが地獄や戦争物に平和や天国というハッピーエンドがなくしかも戦争や地獄に見えるものが戦争でも地獄でもない究極のハッピーエンドを描きたい。例えば殺人事件や犯罪を完璧に防ぐ完全無欠の名探偵です。僕はミステリーも読んでましたが、ミステリーは基本大嫌いでした。それはことごとく名探偵と呼ばれる連中が犯罪や殺人一切防げずに本当に意味でハッピーエンドが一切ありません。 これから私は一切の存在、世界、全体、全部、全数列、全言語、全情報、全物質、全観念、全身物質、全知性、全社会、全価…

理論27圧倒的なスピードー。無限倍のザクだ。。

う国と同盟して負けちゃうわけです。帝国主義の論理でも英米仏と絶対組むべきだし、それを超える大馬鹿の論理ではアジアアフリカ同盟と組んで、帝国主義を越えるべきだけど織田信長自体がそれができたのに多分秀吉に丸め込まれて失敗したわけです。秀吉は半端なバカだけど完璧に百点も取れるし、やはり百姓から天下人になれるのはナミではない大馬鹿性も秘めている。それで織田信長を籠絡した。徳川家康ももちろん大馬鹿性を秘めていて。若い頃はギャンブルが大好きだったらしいけど大馬鹿の境地に至らない。明智光秀は要するに頭がいいだけで半端なバカにもなれない。だから秀吉と家康に騙されて信長暗殺の下手人になって殺される。秀吉と家康は…

理論26

う国と同盟して負けちゃうわけです。帝国主義の論理でも英米仏と絶対組むべきだし、それを超える大馬鹿の論理ではアジアアフリカ同盟と組んで、帝国主義を越えるべきだけど織田信長自体がそれができたのに多分秀吉に丸め込まれて失敗したわけです。秀吉は半端なバカだけど完璧に百点も取れるし、やはり百姓から天下人になれるのはナミではない大馬鹿性も秘めている。それで織田信長を籠絡した。徳川家康ももちろん大馬鹿性を秘めていて。若い頃はギャンブルが大好きだったらしいけど大馬鹿の境地に至らない。明智光秀は要するに頭がいいだけで半端なバカにもなれない。だから秀吉と家康に騙されて信長暗殺の下手人になって殺される。秀吉と家康は…