清河八郎

一般

清河八郎

きよかわはちろう

清河 八郎(きよかわ はちろう、天保元年10月10日(1830年11月24日) - 文久3年4月13日(1863年5月30日))は、幕末江戸時代)の志士で、浪士組の幹部であった。出羽国庄内藩領清川村(現・山形県東田川郡庄内町)の郷士の斉藤豪寿の子。幼名元司。諱は正明。本名は斉藤正明。贈正四位

生涯

天保14年(1843年)八郎は清川関所役人の畑田安右衛門に師事し勉学に勤しむ。かなり優秀であったようである。弘化3年(1846年)には後の天誅総裁藤本鉄石と会い親交を深めた。弘化4年(1847年)江戸に出て古学派の東条一堂に師事。才を認められ東条塾塾頭を命ぜられたが、固辞。安積艮斎に転塾。その傍ら、北辰一刀流の開祖千葉周作の玄武館で剣を磨き免許皆伝を得え、江戸幕府の学問所昌平黌に学んだ。その後、清河塾開設(江戸市内で学問と剣術を一人で教える塾は清河塾だけであった)。

安政2年(1855年)3月から9月にかけて、母親を連れて、清川村を出発。善光寺名古屋伊勢奈良京都近江大阪宮島岩国天橋立鎌倉江戸日光などをめぐる大旅行をする。その記録『西遊草』は、幕末の旅行事情を知るうえでは貴重な資料である。内容は各国の名士との出会いなどを中心に書かれているが、清河の性格からか辛辣で手厳しい批評が多い。

万延元年(1860年)に起こった桜田門外の変に強い衝撃を受け、倒幕、尊王攘夷の思想が強まる。この事件を契機に、清河塾に憂国の士が集まりだす。

同年、八郎を盟主として虎尾の会結成。発起人は山岡鉄太郎(鉄舟)他15名。横浜外国人居留地を焼き討ちし、尊王攘夷の精神を鼓舞し、倒幕の計画をたてたが、この密計が幕府の知るところとなる。しかも文久元年には八郎に罵詈雑言を浴びせてきた者を斬り捨てたため、幕府に追われる立場となっていた。

八郎はこのような事情から京都に潜伏したり、東西諸国を遊説してまわり尊攘倒幕の内約をとりつけにまわった。

その後、松平春嶽幕府政事総裁)に急務三策(1. 攘夷の断行、2. 大赦の発令、3. 天下の英材の教育)を上書する。尊攘志士に手を焼いていた幕府はこれを採用。浪士組が結成される(234名)。八郎は上手く幕府を出し抜いた。

文久3年(1863年)2月23日、将軍徳川家茂上洛のさい、その前衛として八郎は盟主として浪士組を率いて京都へ出発。京都に到着した夜、八郎は浪士を壬生の新徳寺に集め本当の目的は将軍警護でなく、尊王攘夷の先鋒にあると述べる。これに反対したのが、近藤勇土方歳三芹沢鴨らであった(鵜殿鳩翁が浪士組隊士の殿内義雄・家里次郎の両名に、京に残留することを希望する者の取りまとめを依頼し、根岸友山、芹沢鴨近藤勇らが残留し八郎と袂を分かつ、彼らは壬生浪士(壬生浪)となり、後に新選組へと発展してゆく)。200名の手勢を得た八郎は翌日、朝廷に建白書の受納を願い出て幸運にも受理された。

このような浪士組の動静に不安を抱いた幕府は浪士組を江戸へ呼び戻す。八郎は江戸に戻ったあと浪士組を動かそうとするが、京都で完全に幕府と対立していたため狙われていた。

文久3年4月13日幕府の刺客、佐々木只三郎、窪田泉太郎など6名によって麻布一ノ橋で討たれ首を切られた。享年34。『女士道』によると首は石坂周造がとりもどし、山岡英子(山岡鉄舟の妻)が保管し遺族に渡したという。八郎死後、幕府は浪士組を新徴組と改名し庄内藩預かりとした。