スマートフォン用の表示で見る

霜降

一般

霜降

そうこう

二十四節気の一つ、18番目。

二十四節気 : 寒露→霜降→立冬

旧暦九月(長月)の中気。

露が冷気によって霜となって降り始める頃。毎年10月23〜24日頃。

天文学的には、天球上の黄経210度の点を太陽が通過する瞬間。黄道十二宮では天蠍宮(さそり座)の0度。

この日から立冬までの間に吹く寒い北風を「木枯らし」と呼ぶ。

秋気が去り、各地で朝霜を見る頃。気温が下がって虫の声が減り、秋が深まって、寒冷を覚える頃。