スマートフォン用の表示で見る

体外受精

サイエンス

体外受精

たいがいじゅせい

卵子精子を体外にとり出して受精させ、受精卵(胚)を子宮腔に移植する(胚移植ET)一連の操作。

採卵数をふやすために、通常は排卵誘発が行われる。

移植胚数は、3個までは妊娠率が増加するが、4個以上移植しても妊娠率は増加せず、多胎妊娠率が高率になるため、3個までと制限することが多い。

  • IVFともいう