スマートフォン用の表示で見る

大学校

一般

大学校

だいがっこう

明治の大学校

明治2年7月(1869年8月)、明治新政府により東京設立された官立教育機関群、もしくは教育行政官庁。旧幕府から継承された昌平学校・開成学校・医学校の3校を統合し、旧昌平学校系を中心とする官立教育機関として構想され、それは同時に全国の学校行政を統轄する官庁を兼ねるものとされた。その後「大学」と改称されたが、内部では洋学系と国学・漢学系の対立に悩まされ、中枢機関である「大学本校」が早々と休止に追い込まれ、行政官庁としては「大学」を廃止して文部省が新設されたため、単一の教育機関としてはほとんど機能しなかった。しかしこの過程で国学者漢学者に対する洋学者の優位が確立され、以降は彼らを中心にして、のちの東京大学を頂点とする近代的公教育の制度・体系が構築されていくことになった。文部省文部科学省)の前身であるとともに東京大学の源流諸機関の一つとされ、特に「大学南校」は東大法・理・文3学部の、「大学東校」は同医学部の前身となっているが、両校を完全に統合して単一の「大学」とする構想は、1877年の(旧)東京大学発足によっても果たされず、1881年東大の組織改革によってようやく実現したとみられている。

現代の大学校

現代の大学校は、文部科学省が管轄する機関ではなく、学校教育法に基づいた大学とは異なる施設のこと。

「大学校」には規定する法律がないため、どのような施設でも「大学校」と名乗ることができる。このため、大学と同様に学士学位を取得できる大学校がある一方で、大学校と名乗っていても修業年限が2年で短期大学相当の大学校、専修学校認定されている大学校もある。また、公務員の研修施設という位置づけの大学校や、市民を対象に講座等を開催する地方公共団体の組織としての大学校(市民大学講座)など、様々な形態がある。

主な大学校

省庁設置
独立行政法人設置