スマートフォン用の表示で見る

島原の乱

社会

島原の乱

しまばらのらん

1637〜1638年のキリシタンを含む農民を中心とする一揆

肥前島原半島にある島原藩松倉勝家および天草の領主寺沢堅高*1の百姓の酷使や過重な年貢負担に窮し、さらに飢饉の被害も加わり、両藩に対して反乱を起こした乱である。天草四郎総大将として原城(現在の長崎県南島原市にある)に拠って籠城戦を展開。

幕府九州諸藩を動員し、半年をかけて鎮圧した。

*1唐津藩主、天草は飛び地