潜伏キリシタン

(社会)
せんぷくきりしたん

日本の江戸時代前期から明治時代初期の禁教令下に密かにキリスト教の信仰を代々伝えていったキリシタンのこと。
2018年6月30日、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産(世界文化遺産)に登録された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ