スマートフォン用の表示で見る

東京宝塚劇場

アート

東京宝塚劇場

とうきょうたからづかげきじょう

1934年東京での宝塚歌劇の拠点となる劇場として誕生。その後1998年より建替工事を行い、2001年、21世紀の幕開けと共にリニューアルオープン。エントランスには赤い絨毯が敷かれ、光り輝くシャンデリアがエレガントな空間を演出しています。総客席数は2,069席、2層構造で段差がついたちどり配列。どの席からもステージが見えるように設計されています。また、宝塚大劇場と同様の舞台システムを備え、宝塚歌劇の夢の舞台を支えます。

(宝塚歌劇団HPより)