東日本フェリー

地理

東日本フェリー

ひがしにほんふぇりー

北海道本州を結ぶフェリー航路の名称であり、運航会社の名称でもあった。

地元北海道では、かつてからの「東日本フェリー」で通用した。(かつて、北海道内の一部のローカルのテレビ番組のスポンサーでも「東日本フェリー」とクレジットされていた)。就航船舶は、神話や星座由来の命名が多かった。

沿革

1965年(昭和40年)
設立
2003年(平成15年
会社更生法を申請。
2004年(平成16年
リベラ株式会社(本社:広島県呉市)がその支援を表明した。支援表明後はリベラ株式会社の一部門として運行していた。
2006年(平成18年)秋
(新)東日本フェリー設立
2007年(平成19年)9月1日
函館青森間に高速船「ナッチャンRera」(なっちゃんれら)を就航させ、同区間を1時間45分と、津軽海峡線経由のJR特急スーパー白鳥」・「白鳥」にひけを取らない所要時間で結んでいた
2008年(平成20年)10月29日
国際フェリー事業(金沢釜山航路)を休止した。
2008年(平成20年)11月30日
国内フェリー事業から撤退し、全航路を廃止した。
2008年(平成20年)12月1日
道南自動車フェリー株式会社津軽海峡フェリー)にて函館青森航路および函館〜大間航路は継承された。
2009年(平成21年)11月1日
道南自動車フェリーにより東日本フェリー・東日本シップマネージメントは吸収合併され、同時に「津軽海峡フェリー」に社名変更した。

運行航路

HBCラジオで朝と夕方に運行状況の案内を流していた(平日・土曜日)。

北海道には、稚内利尻島礼文島樺太サハリン)間と、江差・瀬棚〜奥尻島間を結ぶ「東日本海フェリー」もあるが、東日本フェリーとは別会社。