スマートフォン用の表示で見る

内向の世代

読書

内向の世代

ないこうのせだい

60年代における学生運動の退潮や倦怠、嫌悪感から

政治的イデオロギーから距離をおきはじめた(当時の)作家や評論家をさす。

1971年文芸評論家である小田切秀雄が使い始めた。

主に自らの実存や在り方を内省的に模索したとされる。

批評家

秋山駿、柄谷行人、饗庭孝男、川村二郎