スマートフォン用の表示で見る

白書

読書

白書

はくしょ

政府が発表する報告書のこと。イギリス政府の報告書が白い表紙(white paper)だったのでこのように呼ばれるようになった。日本では、各省庁が執筆し、国立印刷局や民間出版会社によって発行される。各省庁の行政活動や各種調査結果、対策や展望などをまとめてたものを報告書として出版している。

政府刊行物(白書類)の取扱いについて」(事務次官等会議申合せ 昭和38年10月24日、平成13年1月6日改正)では、白書の要件を以下のように定義している。

(1)中央省庁が編集する政府刊行物であること。

  なお

イ 官職を付した個人名で編著するものは含まない。

ロ 非売品であっても広く頒布するものは含むが、部内資料は含まない。

ハ 図書の形をとるものに限り、原則として月刊誌パンフレット類等は含まない。

(2)内容は、政治社会経済の実態及び政府施策の現状について国民に周知させることを主眼とするものであること。

  従って、法令制度等の解説書、単なる統計調査報告書、現業官庁における事業の紹介書等は含まない。