スマートフォン用の表示で見る

飛蚊症

サイエンス

飛蚊症

ひぶんしょう

黒い点、虫のようなもの、または薄い雲のようなものが視野の中に見える症状を飛蚊症と呼ぶ。これは主に加齢(老化)に伴い眼球内の硝子体が剥離することによっておこる現象だが、若くても生じることがある(特に近視の方)。この”生理的”飛蚊症は問題のないことが多いが、時に網膜剥離・眼底出血など重大な病気が存在することもある。

人によってはCDの裏のような虹、閃光をともなうこともあるが、これも飛蚊症のひとつである。

眼科で眼底検査(がんていけんさ)を受けることで、生理的なものなのか、病気が介在するかが分かる。

関連語

病名