スマートフォン用の表示で見る

北方謙三

読書

北方謙三

きたかたけんぞう

作家、小説家ハードボイルド小説の第一人者。

1947年昭和22年佐賀県唐津市生まれ。中央大学法学部法律学科卒。

1981年『弔鐘はるかなり』でデビュー。

1983年『眠りなき夜』で吉川英治文学新人賞

1985年『渇きの街』で第38回日本推理作家協会賞長編部門

1991年『破軍の星』で柴田錬三郎賞を受賞

近年は、時代・歴史小説の分野にも力を注いでいる。代表作に『逃れの街』『檻』『武王の門』、長編小説として『三国志』がある。

2004年『楊家将』で第38回吉川英治文学賞を受賞

2006年『水滸伝』で第9回司馬遼太郎賞を受賞

名言「ソープに行け」