佐々木道誉

(一般)
ささきどうよ

近江佐々木氏の庶流京極家当主。ばさら大名の代表的人物。諱は高氏。
南北朝動乱に際して足利尊氏と行動を共にし、勢力を拡大。室町幕府でも大きな影響力を保持しつづけた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ