Hatena Blog Tags

北方謙三

(読書)
きたかたけんぞう

作家、小説家。ハードボイルド小説の第一人者。

1947年(昭和22年)佐賀県唐津市生まれ。中央大学法学部法律学科卒。

1981年『弔鐘はるかなり』でデビュー。
1983年『眠りなき夜』で吉川英治文学新人賞
1985年『渇きの街』で第38回日本推理作家協会賞長編部門
1991年『破軍の星』で柴田錬三郎賞を受賞

近年は、時代・歴史小説の分野にも力を注いでいる。代表作に『逃れの街』『檻』『武王の門』、長編小説として『三国志』がある。

2004年『楊家将』で第38回吉川英治文学賞を受賞
2006年『水滸伝』で第9回司馬遼太郎賞を受賞

名言「ソープに行け」

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

ベストセラーの謎 ――挨拶を忘れるフランス人じゃありません ルブラン「ルパン対ホームズ」 タロウ記 「中野太郎は知恵ある少年であった。浦河町、厚沢部町、松前町の小学校で、一番の成績を取り、末は博士になるであろうと言われた。だが松前中学校で三番になり、函館東高校で悲惨な成績を取るに従って、これはどうしたのであろうか、太郎は全知全能の神ではないかと思っていたが人間であり、サボっていると成績が落ちると知った。太郎は大学はようやく法政に受かったが入試の成績が良く奨学金をもらったが風俗に行ってしまった。風俗には千回も行ったが無駄だった。快楽のみが悟りではないと思った。高校に習ってろくに勉強をしなかった。…