北条時行

(一般)
ほうじょうときゆき

北条高時の次男。母は未詳。
鎌倉幕府滅亡に際して、諏訪氏のもとに落ち延びて匿われた。
翌々年の建武二年(1135)、幼少の身であったが諏訪頼重に擁せらて挙兵。一旦は鎌倉を落とすも足利尊氏に敗れた。
建武四年(1337)、後醍醐天皇より朝敵恩免の綸旨を下され、それ以降は南朝方として活動。
最期は足利軍に捕らえられ、鎌倉龍ノ口にて斬首された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ