スマートフォン用の表示で見る

本地垂迹

一般

本地垂迹

ほんぢすいじゃく

仏を「本地」(=本体・本源)として、神をその投影形態(=「垂迹」)とする、仏教を優位に考える神仏習合の思想。

釈迦大宮阿弥陀=聖真子、普賢=三宮文殊=王子宮、摩利支天=山末、大威徳=牛御子、弁才天=岩滝、如意輪=聖女、龍樹=小禅師、不動=早尾、虚空蔵=下八王子地蔵=十禅師、千手=八王子、薬師=二宮、十一面=客人、毘沙門=大行事、吉祥天女=新行事、大日=気比、愛染=悪王子、不動倶里伽羅=剣、不動毘沙門=夷、などなど。