スマートフォン用の表示で見る

無血開城

読書

無血開城

むけつかいじょう

多くの血を流すことなく、守り手が攻め手に城を明け渡すこと。主戦論よりも恭順論を選択して、実戦を行わずに開城すること。